Zaif 仮想通貨 取引所

Zaifでコイン積立!! メリットやデメリット、解約、手数料などを紹介【実績公開中】

更新日:

チップ長
こんにちは!

当サイトの管理人チップ長(@chip100million)でございます。

今回は定期的に仮想通貨の積立ができるZaifコイン積立について紹介して行きたいと思います。

・仮想通貨投資初心者の方
・仮想通貨の保有量をしっかり増加させたい方

にはオススメのサービスとなっています。

今日はそんなZaifコイン積立を徹底解説します。

実際に管理人も利用しているサービスです^^

管理人の実績をサクッと見たい方はこちら

Zaifコイン積立とは?

Zaifコイン積立とは、

仮想通貨を指定した金額分自動的に買い付けてくれるサービス

です。

・ビットコインに興味はあるけど、取引所での購入が面倒くさそう

・自分で相場を読んで売買するタイミングを考えるのが怖い

・なるべくリスクを減らした投資をしたい

・仮想通貨に将来性を感じるので積立したい

こんな方に一度利用を検討してほしいサービスです。

具体的には、

指定した銀行口座から毎月固定額を自動引き落とし

・ご希望の金額をご希望の仮想通貨で毎日買い付けて積み立て

こんな流れになります。

毎月27日に指定の銀行口座から引き落としされ、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎にご指定の暗号通貨を買付けます。

もちろん買付けは自動的に行われるため、買い付けのタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はいっさいかかりません

仮想通貨の資産を安定的に増やしていきたい方や初心者の人にはオススメのサービスですね♪

Zaif 公式ページ

Zaifコイン積立で積立可能な仮想通貨と手数料

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ネム(XEM)
モナコイン(MONA)

毎月最低1,000円以上、1,000円単位で、最大100万円の設定が可能です。

積立金額に応じて、上記の手数料がかかります。

管理人は6,000円積み立てているので、

6,000円 × 3.5% = 210円

の手数料を支払っています。

つまり、毎月6210円口座から引き落とされるという感じです。

【引き落とし口座の銀行の指定はあるの?】

ほぼ全国の銀行どこでも使用することが可能です。

より詳細を知りたい方は下記に利用可能な銀行をまとめました。

Zaif積立で利用可能な銀行一覧

Zaifコイン積立のメリット

ドル・コスト平均法で安定的に買い付けできる

Zaifコイン積立は、一定金額を買い続ける、「ドル・コスト平均法」による買付方法になります。

簡単に説明すると、

毎日一定金額買付するため、安定的に投資することができる

と言うことです。

相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続けます。

したがって、価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がったときは安く多くの量を買うことができるのです。

長期的・継続的に積み立て保有することによりしっかりと利益を確定するタイミングを待つことができるのが最大のメリットと言えるでしょう。

積立はハイリスクハイリターンを目指すものではなく、長期投資でのリスク軽減と、安定した収益を目指すためのものです。

「ビットコインや暗号通貨には将来性を感じるが、ハイリスクな投資・投機的な手法は避けたい」という方には特におすすめです。

買うタイミングがわからなくても自動で買い付け

「安い時に買って高い時に売る」

この投資法が理想ですが、はっきり言って素人が一朝一夕でできるものではありません

特に

・投資自体初心者の方
・株やFXで負けている方

はこの理想の方法ができないことが多いでしょう。

自動で積み立ててくれれば、上がっているときも下がっているときも一定金額毎日買い付けてくれます。

仮想通貨市場がこれから拡大していくと言うことを仮定すると、この買い方が一番リスクが少なくリターンをもらえる投資手法だと思います。

Zaifコイン積立のデメリット

仮想通貨が値上がりしなければただただ損をする

これがコイン積立の一番のデメリットではないかと思います。

「もしこれから仮想通貨の未来が来なくて価値がなくなる」

これを予想している人にはZaifのコイン積立は向きません。

あくまで仮想通貨の未来がやって来ると仮定すると、投資金額に対して大きなリターンがもらえるのです。

短期間で勝負をつけたいと言う方は自分で売買したほうがいいと思います。

Zaifコイン積立の設定方法

まずはZaifにログインします。

アカウント→Zaifコイン積立→コイン積立の設定

から積立設定ができます。

設定すると翌月の引き落としから反映されると思います。

管理人はこんな感じで6,000円積立中です。

少なくてもちりつもです。笑

Zaifコイン積立の解約方法

こちらのページから解約申請することが可能です。

解約ボタンにチェックを入れ、「解約を実行する」ボタンを押すことで完了です。

最終引き落とし以降から積立されなくなります。

管理人の積立実績

僕も2017年の9月から入金を開始し、コイン積立をしております

【内訳】
ビットコイン:4,000円
ネム:1,000円
モナコイン:1,000円

6000円の積立だと手数料が210円かかります。

その手数料も含め6,210円投資でどれだけ資産が変化しているのか、定期的にこの記事で更新して行きます。

「仮想通貨ブーム前の安い時に積立したもの」と「仮想通貨ブームの最中に積立したもの」の現在の評価額をおしらせします。

2018年4月現在の積立時価評価額(一部)

【2017年10月10日~2017年11月9日までの積立実績】

2018年4月現在の時価評価額:6760円(+550円)

こちらはまだ仮想通貨ブームが来る前の積立実績です。

現在かなり価値は下がったものの、積立金額を上回る評価額となっています。

【2018年1月10日~2018年2月9日までの積立実績】

2018年4月現在の時価評価額:3341円(-2869円)

こちらは仮想通貨ブームがまさに頂点の時の積立実績です。

積立金額の6割程度まで評価額が下がっております。

トータルで積立は現在マイナスです。

今は仮想通貨がとても安いので、たくさんの量が購入できるので嬉しいですね。

最後に

ということで今回はZaifでの仮想通貨積立サービスを、実践情報も含めて紹介させていただきました。

・初心者でどの仮想通貨を購入すれば良いか判断できない方
・定期的な積立でリスク分散したい方
・仮想通貨の量を着実に増やしたい方

にはオススメのサービスとなっています。

一度検討してみるのもアリだと思います。

また、Zaifの総合的な活用方法は下記記事にまとめてあるので、参考していただければと思います。
参考Zaifの始め方!仮想通貨投資ガイド

自動引き落とし設定可能な銀行一覧

下記に自動引き落とし設定が可能な銀行の一覧を掲載しておきます。
かなり量が多くて見にくいので、公式ページでチェックするのがオススメです。

都市銀行

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行

ネット銀行

ジャパンネット銀行、セブン銀行、ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行、イオン銀行

地方銀行

北海道銀行、青森銀行、みちのく銀行、秋田銀行、北都銀行、荘内銀行、山形銀行、岩手銀行、東北銀行、七十七銀行、東邦銀行、群馬銀行、足利銀行、常陽銀行、筑波銀行、武蔵野銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、東京都民銀行、横浜銀行、第四銀行、北越銀行、山梨中央銀行、八十二銀行、北陸銀行、富山銀行、北國銀行、福井銀行、静岡銀行、スルガ銀行、清水銀行、大垣共立銀行、十六銀行、三重銀行、百五銀行、滋賀銀行、京都銀行、近畿大阪銀行、池田泉州銀行、南都銀行、紀陽銀行、但馬銀行、鳥取銀行、山陰合同銀行、中国銀行、広島銀行、山口銀行、阿波銀行、百十四銀行、伊予銀行、四国銀行、福岡銀行、佐賀銀行、十八銀行、親和銀行、肥後銀行、大分銀行、宮崎銀行、鹿児島銀行、琉球銀行、西日本シティ銀行、北九州銀行、新生銀行、北洋銀行、栃木銀行、京葉銀行、愛知銀行、第三銀行、宮崎太陽銀行、トマト銀行、もみじ銀行、みなと銀行、中京銀行、愛媛銀行

信用金庫
全国の信用金庫がご利用可能

札幌信用金庫、石巻信用金庫、中栄信用金庫、富山信用金庫、いちい信用金庫、きのくに信用金庫、高松信用金庫、室蘭信用金庫、仙南信用金庫、中南信用金庫、高岡信用金庫、瀬戸信用金庫、神戸信用金庫、観音寺信用金庫、空知信用金庫、気仙沼信用金庫、朝日信用金庫、新湊信用金庫、半田信用金庫、姫路信用金庫、愛媛信用金庫、苫小牧信用金庫、会津信用金庫、興産信用金庫、にいかわ信用金庫、知多信用金庫、播州信用金庫、宇和島信用金庫、北門信用金庫、郡山信用金庫、さわやか信用金庫、氷見伏木信用金庫、豊川信用金庫、兵庫信用金庫、東予信用金庫、伊達信用金庫、白河信用金庫、芝信用金庫、砺波信用金庫、豊田信用金庫、尼崎信用金庫、幡多信用金庫、北空知信用金庫、須賀川信用金庫、東京東信用金庫、石動信用金庫、碧海信用金庫、日新信用金庫、福岡信用金庫、日高信用金庫、ひまわり信用金庫、亀有信用金庫、金沢信用金庫、西尾信用金庫、淡路信用金庫、福岡ひびき信用金庫、道南うみ街信用金庫、あぶくま信用金庫、小松川信用金庫、のと共栄信用金庫、蒲郡信用金庫、但馬信用金庫、大牟田柳川信用金庫、二本松信用金庫、足立成和信用金庫、北陸信用金庫、尾西信用金庫、西兵庫信用金庫、筑後信用金庫、小樽信用金庫、福島信用金庫、東京三協信用金庫、鶴来信用金庫、中日信用金庫、中兵庫信用金庫、飯塚信用金庫、北海信用金庫、高崎信用金庫、西京信用金庫、興能信用金庫、津信用金庫、但陽信用金庫、遠賀信用金庫、旭川信用金庫、桐生信用金庫、城南信用金庫、福井信用金庫、北伊勢上野信用金庫、鳥取信用金庫、唐津信用金庫、稚内信用金庫、アイオー信用金庫、昭和信用金庫、敦賀信用金庫、三重信用金庫、米子信用金庫、佐賀信用金庫、留萌信用金庫、利根郡信用金庫、目黒信用金庫、小浜信用金庫、桑名信用金庫、倉吉信用金庫、伊万里信用金庫、帯広信用金庫、館林信用金庫、世田谷信用金庫、越前信用金庫、紀北信用金庫、しまね信用金庫、九州ひぜん信用金庫、釧路信用金庫、北群馬信用金庫、東京信用金庫、しずおか信用金庫、滋賀中央信用金庫、日本海信用金庫、熊本信用金庫、大地みらい信用金庫、しののめ信用金庫、城北信用金庫、静清信用金庫、長浜信用金庫、島根中央信用金庫、熊本第一信用金庫、網走信用金庫、足利小山信用金庫、瀧野川信用金庫、浜松信用金庫、湖東信用金庫、おかやま信用金庫、熊本中央信用金庫、遠軽信用金庫、栃木信用金庫、巣鴨信用金庫、沼津信用金庫、京都信用金庫、水島信用金庫、天草信用金庫、東奥信用金庫、鹿沼相互信用金庫、青梅信用金庫、三島信用金庫、京都中央信用金庫、津山信用金庫、大分信用金庫、青い森信用金庫、大田原信用金庫、多摩信用金庫、富士宮信用金庫、京都北都信用金庫、玉島信用金庫、大分みらい信用金庫、秋田信用金庫、烏山信用金庫、長岡信用金庫、島田信用金庫、大阪信用金庫、備北信用金庫、日田信用金庫、羽後信用金庫、水戸信用金庫、三条信用金庫、磐田信用金庫、大阪厚生信用金庫、吉備信用金庫、宮崎信用金庫、米沢信用金庫、結城信用金庫、柏崎信用金庫、焼津信用金庫、大阪シティ信用金庫、日生信用金庫、都城信用金庫、鶴岡信用金庫、埼玉縣信用金庫、上越信用金庫、富士信用金庫、大阪商工信用金庫、備前信用金庫、延岡信用金庫、新庄信用金庫、川口信用金庫、甲府信用金庫、遠州信用金庫、永和信用金庫、呉信用金庫、高鍋信用金庫、盛岡信用金庫、飯能信用金庫、山梨信用金庫、岐阜信用金庫、北おおさか信用金庫、しまなみ信用金庫、南郷信用金庫、宮古信用金庫、千葉信用金庫、松本信用金庫、大垣西濃信用金庫、枚方信用金庫、萩山口信用金庫、鹿児島信用金庫、一関信用金庫、銚子信用金庫、上田信用金庫、高山信用金庫、奈良信用金庫、西中国信用金庫、鹿児島相互信用金庫、北上信用金庫、東京ベイ信用金庫、諏訪信用金庫、東濃信用金庫、大和信用金庫、東山口信用金庫、奄美大島信用金庫、花巻信用金庫、佐原信用金庫、飯田信用金庫、愛知信用金庫、奈良中央信用金庫、徳島信用金庫、水沢信用金庫、さがみ信用金庫、アルプス中央信用金庫、豊橋信用金庫、新宮信用金庫、阿南信用金庫、掛川信用金庫、広島信用金庫、東京シティ信用金庫

Zaif積立説明部分に戻る

-Zaif, 仮想通貨, 取引所

Copyright© Zaifのトークンチップだけで億万長者を目指すブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.